2013/5/10更新 今年の開花・満開の一覧表 => こちら

2013年 桜 開花 ニュース  桜.jp


桜は、夏頃に翌春咲く花のもととなる花芽を形成し、休眠に入ります。 花芽は冬の低温に一定期間さらされると休眠から覚めます(休眠打破)。 花芽は休眠打破のあと温度の上昇とともに生長し開花します。 桜(ソメイヨシノ)の開花から満開(80%以上が咲いた状態)までの日数は、 九州から東海・関東地方では約7日、北陸・東北地方では約5日、 北海道地方では約4日で北上するほど短くなります。



2013年5月10日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、3月13日に九州で開花が始まりました。20日には鳥取でも過去最早で開花していて、西日本の日本海側では、記録的な早さとなりました。開花が遅れている北海道も、5月15日にかけて広い範囲で咲き始めそうです。
=>詳細

2013年5月8日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第12回)
〜北海道の桜 平年より1週間から10日遅い開花に〜

2013年の桜の開花前線は、津軽海峡を1週間かけて渡り、5月6日にようやく北海道(松前町)に到達しました。ゴールデンウィーク期間中の寒さの影響を大きく受け、北海道の桜の開花と満開は平年より1週間から10日遅いところが多いでしょう。札幌の開花は5月12日の見込みで、およそ30年ぶりの遅い記録となりそうです。桜前線の終着は根室で5月23日でしょう。開花から4〜5日で満開になるところが多いでしょう。
=>詳細

2013年5月3日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、3月13日に九州で開花が始まりました。20日には鳥取でも過去最早で開花していて、西日本の日本海側では、記録的な早さとなりました。 5月3日から6日にかけては青森や岩手の内陸を中心に見頃となりそうです。

2013年5月1日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第11回)
〜北海道の桜の開花は平年より遅く 札幌の開花は連休明けに〜

2013年の桜の開花前線は、現在、津軽海峡を渡っています。北海道に桜前線が到達するのは5月3日(松前)で、桜前線は、その後およそ半月かけて北海道を進むでしょう。札幌の開花は5月9日、終着は根室で5月19日の見込みです。北海道の桜の開花日と満開日は平年より5日前後遅い所が多く、5月中旬に見ごろになる所が多いでしょう。一方、東北北部の桜の満開は平年より5日から1週間遅く、青森や弘前、盛岡などは大型連休後半に満開になるでしょう。
=>詳細

2013年4月26日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、3月13日に九州で開花が始まりました。20日には鳥取でも過去最早で開花していて、西日本の日本海側では、記録的な早さとなりました。 4月27日から29日にかけては東北北部の秋田や岩手の内陸を中心に見頃となりそうです。

2013年4月24日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第10回)
〜ゴールデンウィーク後半 青森市は満開、函館市はほころび始め〜

2013年の桜の開花前線は、現在、東北地方をゆっくりと北上しています。東北地方北部では桜の開花が平年並みか平年より遅くなっています。これから開花する東北北部の桜の開花日は平年より4〜5日遅いでしょう。北海道は平年より3〜4日遅いか、平年並みでしょう。秋田市と盛岡市はゴールデンウィークの前半に満開、ゴールデンウィークの後半には青森市で満開になり、北海道・函館市でもほころび始めた桜を楽しめるでしょう。
=>詳細

2013年4月22日 ウェザーニューズ、2013年 第八回(最終回)桜開花予想発表
今週は東北北部で開花、ゴールデンウィークは見頃のピークに

・週末までに東北北部も開花へ、ゴールデンウィークは見頃のピークに
・寒さの影響で桜の生長はスローペース。東北北部は平年より遅く、北海道は少し遅いか平年並みの開花に
=>詳細

2013年4月19日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、3月13日に九州で開花が始まりました。20日には鳥取でも過去最早で開花していて、西日本の日本海側では、記録的な早さとなりました。 4月20日・21日の週末は山形など東北南部の日本海側を中心に見頃となりそうです。

2013年4月17日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第9回)
〜弘前公園や角館 ゴールデンウィーク後半に満開〜

2013年の東北地方北部と北海道の桜の開花日と満開日は、平年とほぼ同じか平年より3日程度遅いでしょう。青森県・弘前公園や秋田県・角館などの桜の名所では、ゴールデンウィークの前半に桜が咲き始め、後半には満開になるでしょう。桜前線は連休中に津軽海峡を渡り、北海道・松前公園の桜は5月1日に開花するでしょう。
=>詳細

2013年4月15日 ウェザーニューズ、2013年 第七回桜開花予想発表
寒さでお花見シーズン延長!
今週末は北陸西部や東北南部でお花見ピーク

・今週末は北陸東部や東北南部の広い範囲でお花見日和に。チャンスを逃さずにお花見を
・寒さの影響で、今後の北日本の桜はマイペース開花 平年並みか少し遅い開花の予想に
=>詳細

2013年4月12日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、3月13日に九州で開花が始まりました。20日には鳥取でも過去最早で開花していて、西日本の日本海側では、記録的な早さとなっています。 4月13日・14日の週末は長野・新潟から福島・仙台にかけて見頃となりそうです。

2013年4月10日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第8回)
〜桜前線は東北地方を北上中〜

2013年の桜の開花前線は、東北地方を北上中です。3月中旬に九州と四国を出発してからおよそ1か月経ち、現在、ほぼ平年並みのペースで東北地方を進んでいます。これから開花する東北地方と北海道の桜の開花日と満開日は平年並みでしょう。東北地方北部ではゴールデンウィークに桜が見ごろになるでしょう。
=>詳細

2013年4月8日 ウェザーニューズ、2013年 第六回桜開花予想発表
今週末の北陸はお花見ピークに 東北地方の桜はゆっくりと生長中

・今週末は北陸地方の広い範囲でお花見日和に。チャンスを逃さずにお花見を
・東北地方の桜はマイペース開花。南部からゆっくりと開花シーズンへ
=>詳細

2013年4月5日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、3月13日に九州で開花が始まりました。20日には鳥取でも過去最早で開花していて、西日本の日本海側では、記録的な早さとなっています。 4月5日・6日の週末は関東北部や北陸などで見頃となりますが、大荒れの天気となりそうです。

2013年4月3日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第7回)
〜桜前線は甲信・北陸・東北地方を北上中〜

2013年の桜の開花前線は、スピードを緩めながら、現在、甲信・北陸や東北地方を北上中です。これから開花する地域の桜の開花日と満開日は、甲信地方では平年より5日前後早いですが、北陸と東北地方は概ね平年並みでしょう。北海道の桜の開花日と満開日は平年並みでしょう。長野市、新潟市、仙台市などでは4月の2週目の週末にお花見が楽しめるでしょう。
=>詳細

2013年4月1日 ウェザーニューズ、2013年 第五回桜開花予想発表
今週末は北陸地方が見頃シーズンへ、東北は南部から開花進む

・今週末にむけて、甲信・北陸地方は開花が進み、見頃シーズンへ
・東北地方も南部から開花スタート!
=>詳細

2013年3月29日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、13日に九州で開花が始まりました。20日には鳥取でも過去最早で開花していて、西日本の日本海側では、記録的な早さとなっています。 30日・31日の週末は広い範囲で見頃となりますが、関東南部や九州など早く咲いた地域では葉が目立つところもありそうです。

2013年3月27日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第6回)
〜各地でお花見モード! 中国地方から関東各地は今週末に満開に〜

2013年の桜の開花前線は、平年より1週間から10日ほど早く日本列島を北上中です。すでに開花し、これから満開を迎える中国・四国から関東地方の桜の満開日は、平年より1週間から10日早く、今週末にお花見の楽しめるところが多いでしょう。これから桜が開花する甲信地方の開花日と満開日は平年より5日前後早く、北陸・東北地方は平年並みか平年より3〜5日早いでしょう。北海道の桜の開花日と満開日は平年並みでしょう。
=>詳細

2013年3月25日 ウェザーニューズ、2013年 第四回桜開花予想発表
今週末は西〜東日本でお花見ピーク、北陸・東北南部も開花へ

・今週末は近畿でお花見ピーク突入!西〜東日本は続々と見頃シーズンに
・北陸や長野県、東北南部も今週は開花スタート
=>詳細

2013年3月22日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、『早く』咲く所が多くなるでしょう。全体的に開花が平年より遅れた『去年よりは大幅に早く咲く』見込みです。 13日には九州で開花が始まり、各地で過去最早記録となりました。20日には鳥取でも過去最早で開花していて、西日本の日本海側では、記録的な早さとなりそうです。22日には東京や福岡などで満開を迎えました。

2013年3月19日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、『早く』咲く所が多くなるでしょう。全体的に開花が平年より遅れた『去年よりは大幅に早く咲く』見込みです。 13日には九州で開花が始まり、各地で過去最早記録となりました。東海や関東でも次々と開花しています。

2013年3月19日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第5回)
〜春本番! 九州各地や東京都心周辺は今週末に桜が見ごろ〜

2013年の桜の開花日は、九州・四国地方や東京都心周辺では平年より10日前後早く、記録的な早さになった所があります。中国地方から関東のこれから開花する所も、桜の開花日は平年より3日から1週間ほど早いでしょう。甲信・北陸や東北地方は平年より2〜4日早い所が多く、北海道は平年とほぼ同じでしょう。九州各地や東京都心周辺などは、今週末には早くも見ごろとなるでしょう。関東以西の多くは3月最後の土日にお花見が楽しめるでしょう。
=>詳細

2013年3月18日 ウェザーニューズ、2013年 第三回桜開花予想発表
今年の桜はスピード開花、関東南部は春分の日〜今週末に見頃ピーク

・先週は九州全域と東京都で開花シーズンに
・3月の暖かさで西〜東日本でつぼみの生長一気に進む
・今年は見頃時期が短い予想なのでお花見はお早めに
=>詳細

2013年3月13日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、『早く』咲く所が多くなるでしょう。全体的に開花が平年より遅れた『去年よりは大幅に早く咲く』見込みです。 13日には九州で開花が始まり、宮崎は過去最早、福岡は過去最早タイ記録となりました。

2013年3月13日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第4回)
〜福岡・宇和島で桜開花 桜前線は早くも北上スタート〜

2013年の桜前線は、3月13日に福岡と宇和島からスタートしました。今年の桜(ソメイヨシノほか)の開花日と満開日は九州から関東甲信地方は平年より3〜6日早い所が多く、1週間以上早い所もあるでしょう。北陸地方から北海道は平年とほぼ同じでしょう。九州は早くもお彼岸の頃にはお花見のできる所が多く、関東以西の多くは3月最後の土日にお花見が楽しめるでしょう
=>詳細

2013年3月12日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、『平年並みか早く』咲く所が多くなるでしょう。全体的に開花が平年より遅れた『去年よりは大幅に早く咲く傾向』です。
この冬は寒さが続いたため、桜の花芽がスムーズに休眠から覚めた地域が多いと考えられます。 3月初めまでは気温が低く出遅れていたものの、3月6日ごろからは平年を大幅に上回る気温の日が続き、この先も寒の戻りは少ないとみられます。このため、桜の開花は平年並みか早めの所が多くなりそうです。

2013年3月11日 ウェザーニューズ、2013年 第二回桜開花予想発表
今年の開花は平年並みで、関東では3月下旬〜4月初めに開花ピーク

・今年の開花、全国的に平年より少し早いか、平年並みの時期の開花になる見込み
・3月上旬に暖かい日が続き、西〜東日本でつぼみの生長進む
・九州・四国・中国・近畿・東海では、半数以上のつぼみの先が“黄色”以上まで生長
・スマートフォン・携帯・インターネットサイト「ウェザーニュース」で、最新の開花情報を随時更新
=>詳細

2013年3月8日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
関東甲信の今年の桜は、平年並みかやや早くに咲く所が多いでしょう。去年よりは早く咲く見込みです。一番早く咲くと予想されるのが東京、次いで横浜となりそうです。
この冬は冷え込みが続いたので、桜の花芽がスムーズに休眠から覚めたと考えられます。 これまでの寒さで、桜の花芽の生長はやや遅くなる傾向にありましたが、今後は平年を上回る気温の日が増え、全体としては平年並みの気温になりそうです。 このため、桜の花芽も概ね平年並みに生長すると判断しています。

2013年3月6日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第3回)
〜春の兆し到来 開花と満開は平年並みか早め〜

2013年の桜(ソメイヨシノほか)の開花日と満開日は、九州・四国地方は平年より2〜6日早く、中国から関東地方は平年と同じか1〜4日早いでしょう。九州から関東にかけては3月最後の週末にお花見の楽しめるところが多くなりそうです。甲信・北陸地方から北海道の開花日と満開日は平年とほぼ同じでしょう。
=>詳細

2013年3月5日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
関東甲信の今年の桜は、平年並みに咲く所が多いでしょう。去年よりは早く咲く見込みです。東京・横浜が、開花のトップ争いを繰り広げそうです。
この冬は冷え込みが続いたので、桜の花芽がスムーズに休眠から覚めたと考えられます。
これまでの寒さで、桜の花芽の生長はやや遅くなる傾向にありましたが、今後は平年を上回る気温の日が増え、ならすと平年並みの気温になりそうです。このため、桜の花芽も概ね平年並みに生長すると判断しています。

2013年3月4日 ウェザーニューズ、ウェザーニューズ、2013年 第一回桜開花予想発表
今年の桜、全国的に平年並みの開花に

今シーズンも冬はたびたび強い寒波に見舞われ、全国的に平年よりも気温が低くなりました。この冬らしい冷え込みにより、桜の芽は「休眠」状態から覚め、開花に向かっての生長のスタートをスムーズに切れたと考えられます。スタートを切った後は気温が上がることで開花にむけてつぼみの生長が促されます。2月以降は気温の変動が大きく、南風が吹いて春の暖かさになった日もあれば、寒波が襲来して強い冷え込みとなった日もありました。今後も天気は周期変化し、寒暖を繰り返しながら春本番に向かいます。昨年は寒さが長引いて開花が遅れましたが、今年は暖かくなるタイミングもあるため昨年のように遅れることなく、全国的に平年並か少し早い時期の開花となりそうです。今年のソメイヨシノの最も早い桜の一輪開花は、3月下旬から九州・四国の太平洋側の沿岸部で始まり、西日本、東日本へと広がります。都心周辺は3月下旬に開花のピークを迎えそうです。
=>詳細

2013年3月1日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
今年の桜は、『平年並み』の時期に咲く所が多くなるでしょう。全体的に開花が平年より遅れた『去年よりは早く咲く傾向』です。
この冬は寒さが続いたため、桜の花芽がスムーズに休眠から覚めた地域が多いと考えられます。3月は平年を上回る気温の日が増え、これまでの寒さで生長が遅れていた分を取り戻すでしょう。このため、桜の開花は平年並みの所が多くなりそうです。
なお、今回から発表となった北海道は、平年並みか、やや早い時期に咲く所が多いでしょう。

2013年2月27日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第2回)
〜寒い冬からようやく春へ 桜の開花は平年並みか平年より早く〜

2013年の桜(ソメイヨシノ)の開花は、九州・四国・中国地方は平年より早いか平年並みでしょう。近畿から北海道にかけては平年並みでしょう。
=>詳細

2013年2月18日 ウェザーニューズ、2013年 桜開花傾向発表
今年の桜、全国的に平年並みの開花に

今シーズンも冬はたびたび強い寒波に見舞われ、全国的に平年よりも気温が低くなりました。この冬らしい冷え込みにより、桜の芽は「休眠」状態から覚め、開花に向かっての生長のスタートをスムーズに切れたと考えられます。スタートを切った後は気温が上がることで開花にむけてつぼみの生長が促されます。2月は初めに南風が吹いて季節外れの暖かさになったタイミングがありました。今後2月下旬からは、寒暖を繰り返しつつ気温は平年並み?低くなるところが多い予想ですが、2月初めの気温の高い時期があったために、結果として開花が昨年のように大きく遅れることはなく、全国的に平年並か少し早い時期の開花となりそうです。今年のソメイヨシノの最も早い桜の一輪開花は、3月下旬から九州・四国の太平洋側の沿岸部で始まり、西日本、東日本へと広がります。都心周辺は3月下旬に開花のピークを迎えそうです。
=>詳細

2013年2月15日 ウェザーマップ、ひとくち解説 更新
関東甲信の今年の桜は、平年並みに咲く所が多いでしょう。去年よりは早く咲く見込みです。 東京・横浜が、開花のトップ争いを繰り広げそうです。
この冬は冷え込みが続いたので、桜の花芽がスムーズに休眠から覚めたと考えられます。3月上旬までは、寒波の影響を受ける日がありますが、初春の陽気の日も少しずつ増えてきます。このため気温は、ならすと平年並みとなり、桜の花芽も概ね平年並みに生長すると判断しています。

2013年2月7日 日本気象協会、2013年桜開花予想(第1回)
〜九州から東海では平年より早く桜が開花〜

桜の開花は、冬に低温の時期があった後、春先にかけて気温が高いほど開花が早くなるといわれています。
この冬は、12月と1月は全国的に平年より気温が低く、桜の花芽は休眠から順調に目覚めたと考えられます。この先の気温は、2月は平年並みか高く、3月は平年並みか低く、4月は平年並みの見込みです。開花時期の比較的早い九州から東海地方にかけては、2月に暖かな時期があるため、桜の開花は平年より早いか平年並みでしょう。関東甲信から北海道は、3月から4月に一時的な寒さがありますが、桜の開花は平年並みでしょう。
=>詳細

昨年(2012年)の桜開花ニュース => こちら


本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--xyv.jp/">桜.jp</a> でリンクしてください。
©2009-2016 桜.jp プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ